はじまして!たこわさびです!

自己紹介

はじめまして!
たこわさびと申します。
名前の由来は「たこわさびが好きだから」ただそれだけ!

 

この度、2018年7月よりブログを始めました20代ブロガーです。

ネット大好き、アニメ大好き、マンガ大好きです。

 

今は児童指導員として働いています。

児童指導員とは?現役児童指導員がその仕事ややりがいについてご紹介します。
こんにちは、たこわさびです。 今回は、あまりなじみがないであろう「児童指導員」という仕事がどんな仕事であるかをご紹介したいと思います。 児童指導員とは? 児童指導員とは、一言で言うと「療育」や「児童福祉」に携わる仕事に就い...

それまではレンタルビデオショップ店員、塾講師、不動産の営業など様々な仕事を経験してきました。

 

そんな私ですが、ここまで正直な話、失敗ばかりしてきました。

私がどんな人間なのか、少しでもお伝えできればと思います。

不登校の中学校時代

小学校まではいわゆる普通の小学生でした。

勉強もあまり困ったこともなかったし、友達もそこそこいました。

しかし、中学生という思春期真っ只中に私は学校に行けなくなりました。

理由は、部活でしたね。

私は、野球が大好きで野球部に入ったのですが、そこがいわゆるブラック部活でした。

簡単に言えば、軍隊のような部活で、体罰当たり前、先生や先輩には絶対服従のような部活でした。

そんな中にいて、私は半年で体を壊し、学校に通えなくなりました。

生活も夜型の生活になり、朝6時に寝るような生活でした。

あのときは、ほんとひどい生活をしていたな~と思います。

 

そんな私ですが、どうやって人並みの生活に戻ったかというと、不登校の子たちが集まるようなコミュニティに参加し、学校とは別の場所で友達を作りました。

そして中学校と決別する、という理由だけで卒業式だけ出ました。

 

高校は「学校に通うこと」が目的だった

そんな私も、高校には一応通っていました。

しかし、そんな私の高校生活の目標は「学校に通うこと」

小学生よりも低い目標ですね。

ですが、私にはそこからのスタートでした。

高校では、友達を作り、まぁまぁ普通に過ごしましたね。

ぶっちゃけモンハンばかりしてましたw

 

頑張る意味を知った「受験勉強」

ゲームばかりしていましたが、そんな私も高校3年生になると、進路を決めなければならなくなりました。

夏の模試を受けると英語の偏差値が30台だったことを覚えています。

あれには絶望しましね。

今思えば、壊滅的なアホでした。

しかし、そんなアホな私はその結果を見て、焦りましたよ。

「このままではまずい・・・」

そして、そこから約半年、本格的に受験勉強を開始。

第一志望には受からなかったものの、なんとか関西中堅私大に合格。

努力することや、頑張る意味を18歳にしてようやく知りました。(遅いw)

 

新卒で入った会社が最悪

大学時代もそこそこに過ごし、順調に大学を4年で卒業しました。

そして、私も人並みに新卒で会社に入ったのですが、そこが最悪な会社でした。

完全なる縦社会、イエスマンしか求められない、上司・先輩にはバカにされる毎日とそこに人権はありませんでした。

正直、毎月のお給料は我慢料としか思えませんでした。

なので、こんなところにいても、「自分のスキルにならない」「時間の無駄だ」と感じていたので、「契約を取ったら辞めてやる!」と決意して、約1年半で辞めました。

これ以上いたら自分が壊れると思ったので。

そして、今では児童指導員として楽しく働かせてもらっています。

自分のために環境を変えるって本当に大事ですね。

 

失敗は多いが、後悔はしていない

ここに書いたことも、書けていないことも含めて、私の人生は「失敗ばかりだなあ」と思っています。

ですが、そこに後悔は一つもありません。

これらのことがなければ、きっと今の私はありません。

ブログも始めていなかったでしょう。

これからもたくさんの失敗をしていくと思いますが、またそれも私の何かの糧になると信じています。

長ったらしい文章になってしまいましたが、このブログによって私の世界がまた一つ広がればいいな、と思ってはじめました。

どんな結果になるかわかりませんが、このブログ頑張っていきたいと思います!!

コメント