ADHDとは?その定義や指導法を紹介

発達障害

こんにちは、たこわさびです。
今日はADHDについて、ご紹介しようと思います。

 

ADHDの定義

ADHDとは「Attention Deficit Hyperactivity Disorder」の略で、「注意欠陥・多動性障害」のことを指します。
主な症状としては、不注意、多動性、衝動性の3つの症状があり、発達障害の中に位置づけられています。
ADHDとは文部科学省の定義では、以下のようになっています。

ADHDとは、年齢あるいは発達に不釣り合いな注意力、及び/又は衝動性、多動性を特徴とする行動の障害で、社会的な活動や学業の機能に支障をきたすものである。
また、7歳以前に現れ、その状態が継続し、中枢神経系に何らかの要因による機能不全があると推定される。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/004/008/001.htm

またADHDは「発達障害」の一つとされています。

発達障害についてはこちらから

「発達障害」とは?

 

ADHDの特徴

ADHDの特徴はずばり3点
「不注意」「多動性」「衝動性」です。
ADHDの子どもはその特徴から、小さな頃は「活発な子ども」として見られる場合が多いです。
外で元気に遊んだり、人懐っこい、テンションが高いこと、積極的に物事に挑戦する態度なども見られるので、いわば子どもらしい子どもとも言えるかもしれません。
しかし、幼児期であれば、遊びに活発なことが許されていたとしても、小学校に入る6~7歳頃からその特徴ははっきりとしてきます。
例えば、「机にじっと座っていられない」ことや「忘れ物が多い」などです。
ADHDでない子であれば、たとえ動き回ったとしても注意をされれば収まることが多いですが、何度注意しても動き回ったり、何度注意しても同じような忘れ物をすることが目立ってきます。

 

原因

ADHDの原因は未だにはっきりとはわかっていませんが、現時点では何らかの脳の機能障害だと考えられています。
のうないの 神経伝達物質であるドーパミンやノルアドレナリンが不足しているために神経伝達物質が十分に機能せず、脳のコントロール機能がうまく働いていないという説が有力です。
そのため、本人の意志や我慢でどうにかできる範囲には限界があり、また見た目にも変わりはないため誤解も生みやすく、日常生活の中で本人が悩みやすい障害だと言えます。

 

つまずき

ADHDの特徴は3点でしたが、全員のADHDがすべての症状を持っているとは限りません。
例えば、3つのうち、「多動性」が目立つこともあれば、3点すべての症状を表す場合もあり、人によって差もあります。
しかし、症状ごとに表れやすいつまずきもありますので、症状ごとに紹介します。

【不注意】
・忘れ物が多い
・必要なものをなくしてしまう
・鉛筆や消しゴムなど普段使うものを何度もなくす
・物をおいた場所を忘れたり、置いたことを忘れてしまう
・様々な刺激(音や光など)に反応しやすく、1つのことに集中できない
・集中すると他に集中がいかず、話しかけられても気づかなかったり、途中で中断できない
・文章を書くときに、字が抜けてしまう
・計算問題などで単純ミスが多い
【多動性】
・授業中でも立ち歩く
・気になることを見つけると、すぐにそこに行ってしまう
・座っていても、落ち着きがなくそわそわしている
・一方的に話す
・他人の話に割って入る
【衝動性】
・感情や行動のコントロールが苦手
・指名されていないのに答える
・思い込みで話す
・やりたい気持ちのほうが強く、ルールを無視する

 

病院での診断

ADHDは乳幼児期に診断をすることは難しく、たいていは7歳頃から診断がされるようになります。
もちろん、それ以前からADHDの疑いがあることは診断されるでしょうが、「確定」の診断ではありません。
これは「子ども」としての落ち着きの無さなのか、「ADHD」としての落ち着きの無さなのかが区別をつけることが難しいからです。

 

ADHDの子への支援

ADHDにたいしての支援や指導については様々な研究がされており、たくさんの指導法が示されています。
・行動療法
・ペアレントトレーニング
・カウンセリング
・ソーシャルスキルトレーニング(SST)
・感覚統合療法

多くの指導法がありますが、共通して大切なことは「焦らずおおらかな気持ち」で接することです。
「やりたくてもできない」「どうすればいいかわからない」という気持ちを抱えている子は多いです。
そこを叱責してしまうと、自信を失ったり、反抗的になったりと二次障害を引き起こす可能性があります。
そのため、できないこと、困りごとがあったときは叱責をするのではなく、苦手なことを受け止めて共に向き合うことが大切です。

コメント